長浜・三戸浜杯 帆走指示書
3. 2006.11.19
2. 2006.10.05

1. 2006.09.11
N. 2006.06.26
・長浜・三戸浜杯は、長浜及び三戸浜の置き場フリートが1997年から順番にレース運営
 をしている、全てのディンギーを対象にしたオープンレースです。どなたでも参加できます、
 参加費は\1000/年です。また海上エントリィも可能です。ただし、小さなテンダーかクルーザー
 1艇での運営になりますので、下記を良く理解された上で参加してください。

1.開催日  5月6月9月10月の第2日曜日(基本)正確な日程はHPにて発表。
2.海面   長浜・三戸浜前海面 (3大網の内側(06.11.19時点2網消滅海面図参照)
3.参加資格 シングルハンド・スループ等すべてのディンギー
4.レース参加費  ¥1000/年 表彰式参加費はその度(HPにて発表)
  2009年から運営費を捻出するため、レース参加費を徴収することにしました。
  年に1回しかでなくても¥1000。年に4回出場しても¥1000のみです。
  その年の初出場時にレギュラーメンバーにお支払いください。参加費を受け取った方は
  長浜F鈴木に名前を添えて渡してください。

5.レース参加申し込み  長浜・三戸浜フリートHPの掲示板に意思表示
   氏名・セールNo.・艇種・表彰式参加の有無 (海上エントリィ時も忘れずに)

6.表彰式 15:00〜16:00頃開始 場所はレース運営フリートが決める。(HPにて発表)
   5月のレース運営フリート  三戸浜オーシャンビュー
   6月のレース運営フリート  長浜レーザーフリート
   9月のレース運営フリート  長浜レーザーフリート
   10月のレース運営フリート 三戸浜オーシャンビュー
     
1.競技規則概要
 この帆走指示書に記載されたもの以外は、インターナショナルレーザークラスルール
 を適用するが、本レース運営フリートは一切の抗議を認めない。全てのレース参加者
 には良識ある行動と、節度ある権利行使がなされている。と判断している。
2.エントリィ
 可能な限り掲示板でのエントリィをお願いします。
 海上エントリィの場合は、各レース開始20分前までに参加の意思を運営艇に申し出る。
3.レース時刻
 10:30〜第1レース 全3レースを予定。
4.スタート信号
 5分前(予告信号) レーザー旗 掲揚 + ホーン
 4分前(準備信号) P旗 掲揚 + ホーン
 1分前         ホーンのみ (1分間ルールは適用しないので、P旗降下をしない。)
 スタート        全旗 降下 + ホーン
5.スタート・フィニッシュ
 ゼネリコが続いた場合のみ、1分間ルールを適用。(口頭にて知らせる。)
 (スタート1分前〜スタートまでに、スタートラインに艇体及び身体が掛かったら失格)
 スタートラインは下マーク(第3マーク)と運営艇のマストを結んだ線とする。
 (マスト無し運営艇の場合、P旗を掲げているスタッフをマストとする。)
 フィニッシュラインは上マーク(第1マーク)と運営艇のマストを結んだ線とする。
 (マスト無し運営艇の場合、旗竿を掲げているスタッフをマストとする。)
6.レースコース
 旧オリンピックコース  S(3) - 1 - 2 - 3 - 1 - 3(下マーク流し込みでフィニッシュ)
 コース短縮時のフィニッシュラインは、S旗掲揚の運営艇と、近くのマークとを結ぶ線と
 する。トップ艇には、ホーン2発で知らせる。
 レース中に上マークのみ位置変更することがある。C旗の掲揚とホーン断続音
 の意味合いは『次のマーク位置変更』ではなく、『次の上マーク位置変更』である。
 したがって、2上のマーク回航時にC旗掲揚とホーン断続音による信号が発せられた時
 は下マーク位置変更ではなく、3上(フィニッシュ)マーク位置が変更されるのである。
7.タイムリミット
 トップ艇フィニッシュ後 20分
8.抗議
 本レース運営フリートは、一切の抗議を認めない。したがって審議も行われない。
 (違反した艇は自発的に720度回転してレースを続けてください。)
9.カウントされるレース数と得点
 最低1レースをもって本レースは成立し、捨てレースは無い。
 1位1点 2位2点 3位3点 〜
 タイの解き方   1、最も良い順位   2、最終レースの順位
10.優勝者 以下のトロフィーが貸与されると同時に以下の義務が生じる。
 カップ長浜・三戸浜杯(次回レースまで、持っていられる権利が授与される。)
 (附属リボンに自分で名前を入れる権利も授与される。)
 また、次回レースに出場して、カップを返還しなければならない義務が生じる。
 忘年会時に、その年の各優勝者に『ミニ楯』が記念品として贈呈される。
11.運営の責任範囲
 長浜・三戸浜杯レース運営委員及びボランティアは大会期間中における人身事故
 ・物品の損失・個人的な負傷・或いは事故に関して一切の責任を負わない。
12.出艇帰着申告
 本レース委員会は、これを管理しない。すべては参加選手の自己責任で行う。
 
 「楽しくレースをやりたい。」長浜・三戸浜杯運営フリートの想いです。

                       大会委員長 田中博之
4. 2009.01.06